求人情報をチェックする際、最初に見定めるのは雇用形態です

求人広告を見る際に曖昧な記載や、不確定要素を確定要素と混同させるような記載を見抜いて良い企業を見つけたいです。

求人広告を見る際に気をつけたい事

求人広告を見ると様々な条件が記載されています。給与・休日・勤務地などです。その中で良い企業を見分けるにはどうしたら良いでしょうか。この場合の良い企業というのは、嘘の無い募集を行っている企業の事です。採用されて実際働いてみたら、募集要件と全く違っていたというのでは困ってしまいます。

まず気をつけたいのは、雇用条件や給料などの情報を曖昧にしたり、記載していない企業です。簡単な仕事内容のみ紹介されており、詳しくはお問い合わせ下さいなどとしている場合は、企業側に記載したくない事情が有るという事です。給料面で他の企業と比べられたくない、休日や手当が少ないと気づかれたくない、そんな思惑が有り記載していないのではないかと疑いたくなります。

それから、不確定要素を確定要素と混同させるような書き方をしている企業です。例えば、基本給+歩合で給料が決まってくる場合に、基本給+歩合で社内平均35万円などと書かれていたら35万円貰える事を期待して応募する事になります。しかし、基本給20万円+歩合(社内平均15万円)と書かれていたらどうでしょう。勤め始めは平均に程遠い結果に終わるかもしれません。その場合は20万円を基準に自分の給料を考える事になります。大きい数字で給料が記載されている企業に魅力を感じがちですが、入社後に期待を裏切られる可能性も高くなってしまいます。求人広告を見る際には、以上のような点に気をつけて、自分の求めに合う企業を見つけていただきたいと思います。